津田梅子賞受賞

学校行事

部活動結果一覧

女子高アルバム

発行物

学校案内リーフレット

全国高等学校観光選手権大会

  1. トップページ
  2. 学校案内

学校案内

校長あいさつ

index__008.jpg

 
  ようこそ

  松江市立女子高等学校のホームページへ

  おいでいただきました。


 松江市を南北に分ける大橋川には4本の橋がかかっています。その橋から東に目をやると、山のふもとにオレンジ色の屋根の愛らしい建物を見つけることができるはずです。それが本校のシンボルともいえる「クラブハウス」です。「クラブハウス」を目印に市内を東に抜け、「皆美が丘」と呼ばれる小高い丘につながる坂道、通称「乙女坂」を上がっていただくと、本校の正面玄関に到着します。きっと、たくさんの温かい元気な笑顔に出会うことができると思います。

 

 「松江市の一人娘」と呼ばれる本校は、中・四国地方唯一の公立の女子高校として、松江市の大きなバックアップをいただき、これからの国際社会で活躍できる力、地域社会の活力となり、その発展を担う力をはぐくむことをとおして、自分の人生を主人公として主体的に生きる女性を育てています。
 昭和29年の開校以来、本校の生徒たちは、社会への貢献に意欲的に取り組んできました。平成8年度から継続して取り組んだエイズ啓発活動は、特に高い評価を受け、平成15年には、国際ソロプチミスト「ヴァイオレット・リチャードソン賞」を、平成21年度には内閣府より「社会貢献青少年及び青少年健全育成功労者表彰」を、さらに平成26年には「津田梅子賞」を受賞しています。また、ユネスコスクールにも認定され、観光甲子園では2度にわたるグランプリを受賞しています。

 

 本校は、1クラス30人学級という細やかな指導のできる規模のクラス編成で、生徒一人一人に向き合い、生徒たちが夢の実現に向けて羽ばたけるよう、教育活動の充実に努めていますが、生徒たちの夢の実現を、自分のふるさとや、松江市の未来につなげることも本校の使命の一つであると考えています。

 

 学校には年を経た何本かの桜の木があります。教室に向かってあたか手をさしのべるかのように枝を伸ばしている桜の姿は、のびやかに育つ本校の生徒たちの姿にも重なります。そして春4月、降りしきる桜の花びらの中、坂を上り下りする生徒たちの姿は三好達治の詩、「甃のうへ」を髣髴とさせる姿でもあります。

 

 のびやかに、いきいきと、乙女たちがそれぞれの輝く青春の時をこの皆美が丘の地でつむぐことができるように、そして、市民の皆様に支えられ、愛される学校であるように努めてまいりたいと思っています。
 皆様には、松江市立女子高校を温かく支え、見守っていただきますようお願い申し上げます。

 

                             令和2年4月

                             松江市立女子高等学校 校長 中村 訓子

 

 

 

夢だんだんプロジェクト(PDF)

活動内容(一部)

国際教育講演会

 

 

校歌

学校沿革

学校評価(PDF)

ページの先頭へ戻る