津田梅子賞受賞

学校行事

部活動結果一覧

女子高アルバム

発行物

学校案内リーフレット

全国高等学校観光選手権大会

  1. トップページ
  2. 中学生の皆様へ
  3. 在校生・卒業生・保護者の声

中学生の皆様へ

在校生・卒業生・保護者の声

在校生の声 

 こんにちは。私たち生徒は「素敵女子」になれるよう、毎日を過ごしています。勉強については、生徒がわからないことがあれば、理解できるまで先生方が熱心に教えてくださいます。部活動については、ハンドボール部、弓道部や吹奏楽部をはじめとする部活が全国大会や中国大会に出場するなど多くの好成績を残しています。そして、生徒会執行部は小・中・高校にエイズの啓発の活動に行くなど、とても活発です。私も生徒会長として生徒全員が過ごしやすい学校を作るために頑張っています。

 今、中学生の皆さんが一番気になっている上下関係についても「女子だけだから怖い・・・。」と思っている人が多いと思います。ですが、「女子だけだから先輩・後輩の仲が良すぎる」のが、この松江市立女子高等学校です。こんな学校で私たちと一緒に「素敵女子を目指しませんか」

(生徒会長)

 

卒業生の声

女子高でしかできない勉強で、自分に自信を持てる。

 女子高での一番の思い出は、観光甲子園に出場したこと。観光プランを立てるために、松江を歩きまわり、郷土の良さを再確認できた経験が、今の進路に大きくつながっています。女子高にしかない国際交流や観光の授業で、たくさんの人と出会い、自分を表現する多くの場を経験できました。それが、大学でも本当に役に立っています。

 そして先生方に言われ続けた言葉~凛とした女性になろう~それは、今でも私が目指しているあり方です。

(国際文化観光科卒業 島根大学法学部生)

 

先輩達を模倣することを繰り返し、自分のやり方を見つけました。

 私は3年間ダンス部に所属していました。最初は先輩達の姿をまねて覚える毎日でしたが、最後の学園祭では、ステージの企画・運営・進行まで全て自分たちの力で行い、最高のステージを作ることができた時の感動は、今でも強く心に残っています。学びは模倣から始まると実感し、実行できた3年間でした。

 女子高は、ボランティア活動や資格取得、校外活動など経験できる機会がたくさんあるので、地域と関わり、職業観を磨くことができます。そして、進路決定の最後の最後まで励まし、サポートしてくださった先生方の存在も大きかったです。

(普通科卒業 島根県立大学短期大学部生)

 

素の自分を出せる場所、失敗することもこわくなかった。

 

 私は、2年生の後半に生徒会長となりました。それまでの自分の性格ではありえなかったことで、自分にはできるわけないと思っていたのですが、友人や先生方から勧められたのです。素の自分を受け入れてくれた友達や学校だからこそ、そこで頑張って挑戦してみようと思えました。そして、その活動の中で、本当に沢山の出会いや経験をすることで、一歩下がって周りを見ることができるようになったし、いろいろな人の立場で物事を考えられるように、自分が変わることができたと思います。

 女子高だから失敗をおそれず思いっきりやれたことは、たくさんあります!けれど、女子だけだったから困ったこと?は、思いつきません…。中学時代、やりたいと思っていてもできなかったことが、女子高だとできるような気がします。

(普通科卒業 山口県立大学社会福祉学部生)

 

保護者の声

 

 みなさん、こんにちは。

 ようこそ、松江市立女子高等学校のホームページへお越しくださいました。

 島根県の公立高校で唯一の女子高である、松江市立女子高等学校は、今年創立60周年を迎えた伝統のある学校です。

 国際文化観光科があるように、グローバルな視点に立つ国際的な人材の育成と、女子高ならではのホスピタリティー精神を育む学校です。

 先生、先輩、後輩、の風通しが良く、いつも優しく、時には厳しく、指導や意見交換をしています。私たち親世代の頃の縦社会的な厳しさはありません。

 PTAの活動も、「保護者も楽しむ活動」を基本に、生徒達と先生と一緒に楽しく活動をしています。学園祭とロードレースの時には、カレー・豚汁の炊き出しをしていますが好評を得ています。

 皆さんは今まで、家の近くでご家族の方や、地域の方に守られてきました。この女子高も同じです。家からは遠くなると思いますが、保護者、先生、地域の方々にしっかりと見守られています。何も心配することはありません。

 高等学校は勉強をする場所です。自分の夢、目標に向かってより高度な知識を得るための場所です、何のためにここで勉強をするのかを忘れないでください。

 女子高には、「生活の手引き」という冊子があります、これには『松江市立女子高等学校の生徒としての心得』諸規定や校則・会則などが書いてあります、是非保護者の方と一緒に見ていただき、きちんと理解していただきたいと思います。

 学校生活の中でも、女子高にはチューター制度があります、先輩が後輩(1年生)に女子高のいろいろなことを教えてくれます、私の娘も入学時には、3年生のチューターの先輩にお世話になり、今でも優しくしてくださったことを思い出すと言っています。

 このように、他の公立高校では無いような取組みがたくさんあります。

 皆さんの夢や目標を実現するために、先生をはじめ、先輩、卒業生、PTAがスクラムを組み全力でバックアップします。

 是非女子高に来てください。皆さんと会える日を楽しみにしています。

 (PTA会長)

ページの先頭へ戻る